レヴォーグにも2400ccターボ登場! やっぱりスバルって速いクルマがなくちゃ!

「やっぱりパワフルなエンジンでしょう!」と思っているスバルファンは多い。だからこそ2003年発売のBP型と呼ばれる、当時の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を取得した4代目レガシィの後継を待ち望んでいる人が少なくないのだった。こう書くと「先代レヴォーグの300ps直噴ターボ車じゃダメなのか?」と思う人もいるかもしれない。

確かに先代レヴォーグの300psモデルは動力性能からすれば4代目レガシィGTの2Lターボ280psに迫る。けれど、クルマ全体の魅力度でBPユーザーの期待値に届いていない。何を隠そう、私も4代目レガシィに乗っており(初代から4代目まで全モデルを乗り継いだ)、5代目を見て失望。初代レヴォーグに期待したけれど、納得できなかったスバリストです。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ