三菱、ラリーアート復活! されど私は少しばかり不満がありますよ

新型アウトランダーPHEVが絶好調だ。2022年2月上旬時点で1万台のバックオーダーを抱え、納期も5カ月以上という久し振りの明るい話題になっている。クルマ好きの間ではアウトランダーPHEVより話題になっているのがラリーアートの復活だ。ラリーアート、明確なモータースポーツ嫌いだった益子修前社長によって処分されてしまったけれど、三菱自動車の魂のような存在でした。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ