新型アウトランダーPHEV試乗レポート。正統派の良いクルマです

御存知のとおり、三菱自動車はルノー日産とアライアンスを組んだ。「同じチームになる」ということ。こうなった時に出てくる話が兄弟車である。共通プラットフォームを作り”上物(うわもの)”だけ各社で開発しましょうということ。確かにクルマ選びはデザインや機能で決める。車体構造やサスペンション形式など皆さん気にしないと思う。

ということで、アウトランダーとエクストレイルのプラットフォームは日産が担当することになった。日産からすればエクストレイルだけしか使わないプラットフォームを開発するより、三菱自動車やルノーが共用してくれたら全体の台数が増える。となるとコストダウンが可能。プラットフォームは作れば作るだけ1台あたりの単価が下がるのだった。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ