新型ステップワゴン売れるか? 私は「厳しいでしょうね~」と考えます

奇しくもガチンコのライバルとなる新型ノア(以下ヴォクシーを含む)と新型ステップワゴンが「ほぼ」同じタイミングで登場してきた。まず、ここで従来型の販売台数を見ると、ノアの圧勝! 2021年はノア12万6780台に対し、ステップワゴン3万9247台で3分の1というイメージ。一方、クルマのハード評価をすると圧倒的にステップワゴン優勢だったと思う。実際、私も買いましたから。

先代ステップワゴンのどこがよかったか? こらもうADAS性能が圧倒的にステップワゴンです。先代ノア、最後までADASのセンサーは赤外線レーザー+低解像度カメラという2世代前のシステムを使っており、歩行者を検知できないタイプ。ステップワゴンはレーダー+カメラを使った1世代前のシステムだから、歩行者に対する自動ブレーキもかけた。

アダプティブクルーズコントロールだって圧倒的にステップワゴン優勢。ハード面の比較をすると、実用燃費を除く動力性能や乗り心地、ハンドリングなどなど、すべての分野においてステップワゴンに軍配を挙げられた。だからこそ専門家の端くれだと思っている私は迷うことなくステップワゴンを選んだのだった。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ