新型フェアレディZ発表! 405馬力のV6ツインターボ。マニュアルもあり!

新型フェアレディZの市販モデルは本来ならニューヨークーショーでアンベールされる予定だったながら、新型コロナで中止になったためオンラインで発表されることになった。プロトタイプとほぼ同じ外観ながら、搭載されるエンジンは405馬力を発生する3リッターV6ツインターボ。6速MTと9速ATと組み合わされると発表された。

気になるのは「新型Zで日産がブランドイメージを上げられるのか?」ということだと思う。改めて日産とZについて考察してみたい。時代は1960年代に遡る。日産の黎明期(ダットサンですね)、片山豊という人がいた。大正時代にアメリカへ渡った経歴を持つ国際人で、御自身曰く「言いたいことを言うため社内では嫌われモノでしたね」。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ