新型BR-V、カローラクロスと同じ日本で200万円切りの価格設定ならイケるか?

ホンダは東南アジア地域での大ヒット車となっているBR-Vをこのほどフルモデルチェンジし、生産国になっているインドネシアで発表した。このクルマ、ヴェゼルより安く、フィットより高いという価格帯。写真のとおり3列シートSUVというカテゴリーに属しており、インドネシア、タイ、インド、フィリピンなど東南アジアで販売されている。

従来型よりずいぶんカッコ悪くなった

もし日本で販売するとなれば前述のとおり、ヴェゼルとフィットの中間くらいの価格になるだろうから、1500ccエンジンを搭載したモデルで180万円といったイメージ。大ヒットした初代CR-V(172万円スタートと当時でも割安感のある価格設定)のように魅力的なプライスを付けられると思う。けれど日本販売はされなかった。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ