日産ARIYA、走り出して100mで「いいね!」と思える質感を持ってます

2019年の東京モーターショーでワールドプレミアされたアリアのメディア向け試乗会がやっと開催となった。日産が遅れについてまったく情報を出さなかったため「決定的な問題点が出ているのではないか?」など、よくないウワサも流れていたけれど、聞けば新型コロナ禍や半導体不足で部品などの開発が進まなかったという。だったら首を長くして待っている顧客に説明すればいいのに、と思う。

最近の日産、お客さんのほうを見ていない。閑話休題。さっそく試乗といきましょう。プッシュボタンで起動させ、Dレンジを選んでアクセル踏むと、けっこう電気自動車に詳しい評論家はすでに驚いてしまっている。すんごく静か&滑らか。こう書くと「電気自動車だから当たり前でしょ」と思うだろう。そんなことありません。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ