最後の純ガソリン車を新車で買いたいなら遅くとも年内には注文しなくちゃダメですきっと

以下、電気自動車大好きという人は無視してください。クルマ好きにとって100年に一度の大決断が必要になってきた。いや、最近よく「100年に一度の変革期」と書く人がいるけれど、ピストンエンジンの絶版は自動車の歴史始まって以来の変化だと思う。新車で純エンジン車を買えるのは、おそらく2026年秋までです。なぜ2026年秋なのか。ガソリンは2050年まで売ってる。

日本でも2030年代中頃までエンジン車を買えると思う。実際、エンジンを搭載するハイブリッドやPHVは2030年代中盤まで生き延びることだろう。じゃ、なぜ純エンジン車が厳しくなるのか? 2026年秋から既販車にも適用となる「フェーズ3」(登録ずみ車には適用されないため、中古車売買できます)と呼ばれる厳しい厳しい騒音規制だ。タイヤの走行音まで抑えなければならないほど。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ