東南アジアの自動車部品工場が新型コロナの蔓延で軒並み操業停止! 自動車工場のラインも休止へ

突如トヨタが「9月は世界規模で36万台/4割の減産を行う」と発表した。もっとも減産台数が多いのは日本の14万台としており、工場や車種によって22日間もラインを止めるという。このニュースを受け、株価も19日14時30分の9639円から、20日14時30分の24時間で8899円まで落ちた。トヨタに何が起きているのだろう?

多くの人は半導体不足だと思っているようだけれど、全く違う。トヨタ、半導体については適正な価格で購入しているなど(買いたたくメーカーも多い)、半導体メーカーとウィンウィンの関係を築いており、自動車メーカーで最も影響を受けていない。したがって今回発表された大規模な減産は全く違う要因になる。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ