石油元売り、たっぷり補助金を貰いながらスタンドへの卸価格を下げないのか?

4月5日までガソリン補助金が満額の1リッターあたり25円も出ているなか、資源エネルギー庁が発表した4日時点のガソリン相場は、前週より10銭値上がりし、1リッター174円10銭になりました。同庁によれば補助金がなければ4月4日は204円近くなったと主張しています。石油元売りがスタンドに卸すガソリン価格、補助金無しで170円以下だった1月下旬より25円以上も高騰しているのでしょうか。

残念ながら石油元売りがスタンドにガソリンを卸すときの価格は公開されていません。状況提供者からデータを見せて貰えるのですが、その数字を出すと辿られてしまうため、具体的な金額を紹介するのは難しい。そこで公開されている「ガソリン先物」の相場から辿って見ることにしましょう。参考までに書いておくと、よくニュースに出る「WTI原油相場」も先物の数字です。日本のガソリン先物相場を見ると、例えば状況が落ち着いていた2021年12月を見ると1リッター65円前後。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ