経産省の萩生田新大臣はバリバリの原発推進派! 次々稼働という悪夢を見せられるか?

第100代総理大臣が決まった。果たして自動車産業はどうなるだろうか? 言うまでも無く自動車産業にとって喫緊のテーマになるのが環境問題だ。といっても菅前首相時代に国際公約した2050年までカーボンフリーは動かせない。「2030年までの二酸化炭素排出量削減目標を2013年度比46%減」という中期目標も変えられない。この2つの目標、必達になっている。

福島は未だ入れない場所や通れない道多い

新内閣が決めるのは二酸化炭素削減するための手段です。菅前内閣の動きを見ると、河野太郎前規制改革担当相の強い意向により電力の主力を天然ガスや石油など化石燃料を56%から41%に引き下げ、太陽光や水力など再生可能エネルギーを22~24%から36~38%に上げた。ただ原発は2019年に立てた6%(ほぼ現状維持)から20~22%へ。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ