著名人が激オコしたウインドウォッシャー攻撃について掘り下げてみました

「前のクルマにウインドウォッシャーを掛けられた。激オコ!」という話がSNSを中心にネット盛り上がっている。詳しい状況は不明ながら、前のクルマが2回もウインドウォッシャーを出し、自分のクルマに掛かったということのようだ。走行中か、それとも停止中か、はたまた走っていればどんな速度なのか。さまざまな点から検証してみたい。

まず「被害者」に何の問題も無いケースから考えていく。古いクルマだとウインドウォッシャーの吹き出し口が「明後日の方向」を向くこともあり、屋根を飛び越えて後続車に掛かる。これは単純に迷惑だ。ただ1度出せば窓ガラスに掛からないことが明々白々のため、2度チャレンジするとは思えない。2回もやられた場合、おそらく悪意があると思われます。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ