bZ4Xとソルテラに公道で試乗。果たしていかに?

トヨタは昨年「2030年に年間350万台を電気自動車にする」という計画を発表した。トヨタ全体の販売台数がおよそ年間1000万台なので、8年後は3分の1以上を電気自動車にするという驚くべき内容。その第一弾として企画/開発されたのが今回紹介する『bZ4X』である。ちなみにスバルとの共同開発となり、スバル版は『ソルテラ』というネーミング。トヨタとスバルの思惑は同じようでいて違うあたりを後半紹介します。

まずは試乗と行きましょう! bZ4X/ソルテラの開発テーマは「ガソリンエンジン車から乗り換えても違和感無く走れる」という点だという。最初にハンドル握ったのがソルテラ。前後にモーターを搭載するAWDである。Dレンジをセレクトしてアクセルを踏むと、イメージとしてはプリウスやRAV4などハイブリッドに限りなく近い。「電気自動車感を強く出したい!」を開発目標とした場合、ガソリン車とレベルの違う静粛性など追求する傾向。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ