GT-Rに代表される高性能モデル、騒音規制のため次々絶版へ。2026年でエンジン車は淘汰か?

「GT-R」のホームページを見ると「2022年モデルのGT-Rは新規の商談並びに御注文の受付を停止させていただいております」と表示されています。多くの人は、遠からずGT-Rの商談が開始になると期待しているようだけれど、このまま絶版になってしまう可能性が大きいようです。なぜか? 2022年秋から始まる厳しい騒音規制が、どうやってもGT-Rはクリアできないからです。

2020年10月から新型車を対象に始まっている騒音規制「フェーズ2」は2022年10月からは継続販売車も適用対象となります。現在販売しているクルマでもフェーズ2をクリアできなければ9月までしか登録できなくなるということになります。GT-Rもさまざまな対応をしようと頑張ったようだけれど、2020年時点で「相当のコストを掛けない限り不可能」と判断されたようです。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ