N-BOX、年次改良で一段とヤバいクルマに!

ホンダの『N-BOX』は、2021年度(2021年4月~2022年3月)の新車販売台数が191,534台となり、登録車を含む新車販売台数が第1位となった。軽四輪車に限れば2015年から2021年の7年連続で新車販売台数1位を獲得している。また2021年5月末には累積販売台数が200万台突破と、不動の人気を誇る。

しかし、N-BOXはなぜここまで販売台数を伸ばし、長期間人気を保てるのであろうか?特段価格が安いわけではないし、スタイルはシンプル、悪く言えば平凡、飽きがこないといえばまあプラス評価になる。では中身がそんなにいいのだろうか?そこで、数多くのクルマの試乗で評論してきた国沢光宏氏が、N-BOXに長期間乗ってみて、いろいろ「ヤバイ」理由を紹介する。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ