完全自動運転よりウーバーの整備を!

完全自動運転推進派が掲げる錦の御旗の一つは「お年寄りの移動手段」である。確かに公共交通手段のない地域で社会問題化してます。タクシーを呼べば「音声入力による目的地設定」まで可能な完全自動運転ながら、移動コストとして高価。そもそも山村だとタクシー業者だってコストパフォーマンスが合わない。皆さん上手く行かないのだった。

そこを何とか出来る可能性あるのが『UBER』(ウーバー)。大都市ではハイヤーサービスのように思われているようだけれど、本質は「普通の人が普通の人を乗せる移動手段」である。いわゆる「白タク」と混同しがちながら、ウーバーの場合、ネットでドライバーの評価をチェック可能。ドコの誰だか解らない白タクと根本的に違う。評価悪い人は生き残れない。

世界基準で言えば料金も半額程度。そらそうだ。タクシー業界は専用のクルマを使い、専属のドライバーを雇わないとならない。ウーバーなら、本来の仕事の合間に出来る。私でも登録しておくと、東京から箱根に移動する際、ニーズさえあえばウーバーの仕事出来ます。タクシーの半額程度の料金だって全く問題ない。というか、美味しい。

文頭に戻る。お年寄りが買い物や病院などに行く場合を考えてみよう。ウーバーに近隣の人が登録していたとする。病院のある町まで行き、買い物をしたいケースなら、ドライバーにその旨を伝えればよい。その間、ドライバーも買い物が出来るため、料金は「時間」でなく「往復分」で済む可能性が出てくる。というかウーバーでそういった評価のドライバーが人気になる。

ドライバー側も比較的時間が自由になる人なら(農閑期の方や主婦層)、町まで買い物に出られるし小遣いも稼げるのでメリット大。事故の際の保険もウーバーに登録する際に入っていてくれれば、ドライバーも利用者も心配無し--というコンセプトは今まで何回も話し合われてきた。スライドドアの初代ポルテが出た時も、トヨタの人達と可能性について話し合った。

いずれも「現在の法体制では難しいですね」。それがウーバーというシステムで可能になるなら素晴らしい。すでに京丹後市などで実証を始めている。京丹後市の料金、タクシーに遠慮して料金高いですけど。タクシーの無い地域から導入していけばいいと思う。いつになるか解らない完全自動運転よりずっと早くお年寄り達に移動手段を提供出来る。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ