オデッセイHV(ハイブリッド)。高ければ苦戦必至。割安感あったら売れると思う

ホンダは12月25日から自社Webで新型「オデッセイHV」のティザー(前宣伝)を開始した。トヨタの場合、アルファード&ヴェルファイアというLクラスミニバンがトヨタ全体の稼ぎ頭(平均車両価格500万円を超える)に なっているのに対し、ホンダはLクラスミニバンのエリシオンとオデッセイを統合したにも関わらず伸び悩んでいる。HVの追加で何とか盛り返そうという作戦か。

気になるハイブリッドシステムは、アコードHVにも採用されている2モーター式。改めてこのHVシステムを紹介しておく。通常の走行はエンジンを掛け、直結しているモーターで発電。その電力で駆動用モーターを回す。発進時や軽負荷の巡航時、減速時はエンジン(発電機)を止め、駆動用バッテリーと駆動用モーターだけを使って走るシリーズハイブリッドとなる。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ