VWが排気ガス規制の不正を行う

VWがアメリカで排気ガス規制の不正を行っていたというニュース、詳細な内容は報道されていないためアウトラインを紹介しておきたい。まずディーゼ ルの排気ガス中に存在する成分で「対策が難しい」とされるのは『PM』(黒煙)と呼ばれる微粒子と『NOx』なる窒素酸化物である。PMがスモッグの原因 で、NOxは光化学スモッグをもたらす。

ディーゼルエンジンはこの2つの排出を減らすことが技術的に難しい。簡単に説明すると、PMはフィルターで集塵し、ある程度溜まったら燃焼 して燃やす。NOxは尿素水を吹いて還元するか、NOx触媒という極めて技術的に難しい特殊な触媒を使って還元するかの二択となる。技術に自信の無いメー カーは尿素水を使う。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ