簡易型オービス、移動も自由自在らしい(7日)

昨日紹介した新型簡易型オービス、夜半に通ったら無くなっていたそうな。どうやら文字通り可搬型らしく、ハイエースで運んできて稼働させ、稼いだら引き上げるような使い方をしているようだ。普通の店舗式ネズミ取りと違い、お店を出す場所も出前要員も不要。2人くらいで荒稼ぎ出来るという寸法である。もちろん出店規制だってほぼ存在しない。こら儲かる!

良いニュースを一つ。以前も「ほぼ問題なしとなった」と伝えたオゾンホールながら、さらに復活は確実なものになったとYahooニュースが使えている。オゾンホールは人類に決定的な影響を与え、滅亡への道になる可能性すらあった。だからこそあっと言う間に世界が意見を一つにして急いで規制を作り、実行したのであります。オゾンホールと比べれば温暖化は‥‥。

と思っていたら、本日、暑いの何の! 本来なら真夏でも涼しい避暑地である富士五湖の本栖湖(標高は900m)に行ったのだけれど、気温34度! あ  づ  い! 2010年まで続いた温暖化傾向で暖まった中緯度帯の海水温は予想以上にパワフル。ただ高緯度地帯の気温を見ると低い。たまに寒気が降りてくる、4日間暑くて2日涼しいくらいの夏を希望す!

7071

試乗したのはアウディQ7とレクサスLXでございます。この2台、ボディサイズほぼ同じ。価格ほぼ同じ。果たしてどう評価したらいいでしょうか? 7月26日売り号のエンジンの締め切りまで悩みます。それにしても2台並べたら、とうてい同じサイズとは思えない(厳密に言えば高さのみレクサスLXが上)。自分で買うなら0,1秒も迷わないですけどね。

先日お伝えした伊東市のエアバッグ破裂事故、タカタがおおよそ1200万円を支払うことで示談になった、とNHKのWebが伝えている。事故に遭った方は日産のディーラーに行き、部品が無いと返された後にケガをしており、日産とタカタを訴えていた。されどタカタが全面的に賠償したようだ。すでに自動車メーカーとタカタの間で、責任割合が決まっている?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ