遊んだ遊んだ!

5時に起きて10時まで原稿書き。11時から5時間原稿書けば16時。やっパシ早起きは三文の得である。首都高は渋滞せず11時に笠井君とその友人を乗せて出港。今日はトロサバか大きめのアジでも狙いたいところ。中ノ瀬で釣り船の船団を見つけるも、あまり釣れていない(釣れてても手のひらサイズのアジ)。

続いて第2海保へ行くも釣り船無し。ダメってことです。やっと横須賀沖で松輪サバの船団を発見。水深50mあるけれど、イカリを投入! 上げるときは1人力の笠井ウインドラス(イカリを上げる船舶用ウインチ)に頑張ってもらいます。仕掛け作ってエサ付けて2本投入すると、笠井君の友人がゲゲゲのゲ太郎になっちゃった。

11071_001

ベイサイドは雰囲気良い。でも夢の島の方が気に入ってる

確かに激しく揺れてますな。初めてフネに乗るというので、酔うという観念がなかった様子。辛いだろうから、とベイサイドマリーナに避難。コーヒー飲んで一休みし、帰りはハンドル握らせることにした。運転してると不思議なことに酔わない。すると夢の島まで7〜8分の場所で活性の高い鳥山に遭遇。

こらやっつけなくちゃ、とお得意のバイブレーション投げてみたら、一投目からヒ〜ット! アミ出すヒマ無かったのでゴボウ抜きしようとしたら、思ったよりデガい! 60cm級ざます。上げられずジタバタしてたらバレちゃいました。2投目もガツン! 今度は笠井君がアミでキャッチ。これまた60cm級。

3投目もガツン! 少し小さいのでリリース。4投目またまたヒット! バカでもアホでも国沢でも釣れちゃうのだ。5投目は大きい当たり! 「キーッ!」っとドラッグが出て行く。そしてバレちゃいました。6投目から連発するも全部バレる。薄暗かったので見えなかったのだけれど、フック(針)が5投目の大物で伸びちゃってた。

11072_001

1)ウロコ取って3枚におろし、2切れあたりバター10gを溶かしソテー

とりあえず2匹あれば十分。1匹はすぐ3枚にオロして笠井君の友人の晩ご飯のオカヅに持たせる。1匹キープして食べましょう。ということで中野に持っていくと、板さんが「やりますよ」。先日食べた和風のバター焼きを紹介したい。フッキングの場所が悪くてリリース出来ないシーバスは持って帰って食べましょう。

11073_001

2)皮目に切り込みを入れておくと味がしみる

30秒くらいソテーしたら日本酒とミリン、案外多めの砂糖、そして醤油を加えて煮込む。イメージとしちゃ甘めのすき焼きくらいでOK。続いてネギを切って投入。板さんによれば、サカナ特有のニオイが嫌いなヒトでもネギを入れれば気にならなくなるそうな。ネギも多めに入れてよし!

11074

3)ネギはこんな感じ。青い部分も使う

落としぶたをして身に色が付き、ソースがトロトロになってきたら完成。シーバスはフライを持ってベストだと思っていたけれど、この料理だとさらにンまい! 刺身は6〜7切れで飽きちゃうのに、半身くらい食べられちゃいます。東京湾の運河や川にいるシーバスは食べる気しないけど、海で釣れたのは美味しい!

11075

4)完成。ネギも美味しいので一緒に盛りつけて欲しい

これから12月初旬に掛け、時合いさえよければ50cmオーバーのシーバスが入れ食い! 60cm以上になるとバカにならない引きをして面白いです。食べても美味しいし。早起き作戦&仕事の帰りの夕方作戦のどちらでも楽しめる。正味1時間半でOKですから。というか短い時間しか時合いにならん。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ