6タコか?

すっかりブログを参考にさせてもらっている「たかはし遊船」さんも、今日が今シーズン最後のカレイだという。ついに私は玉砕か? とりあえずいつもの場所に行って仕掛けを投入! 航路をはさんでたかはし遊船さんがいますね。もはや当たり前の如くピクリともしません。そこで今日は場所替えを。

3061_001

立ち込んでのシーバス釣りの人も出るほど温かい

移動した場所は”このあたり”。上の写真のバックは日の出です。200mくらい離れた場所に、やはりカレイ釣りで人気の「高常遊船」さんのフネがいる。1時間くらいすると、たかはし遊船さんの午後船が出現! おお! 私も良い読みだったか? と思ったら横を通過。沖に行っちゃいました。

続いて伊藤遊船のフネ。この船長、高常遊船さんの横を通過するときは速度落としたのに、私の横はスロットル開け高い引き波立てて通過。私のフネは問題ない。でも上のように立ち込んでいる人がいるのだ。危ないぞ! マナーとしちゃ最低ですね。ちなみにたかはし遊船さんはデッドスロー。

やがて高常遊船さんもイカリ上げ、デッドスローで沖に出て行く。この場所もダミか? こら高常遊船さんのツケマイだ。すると”こんなところ”に。ココに釣り船いるの、見たこと無い。水深7mと、まぁカレイっぽい。とりあえずジャマにならない場所にアンカー打って釣り始めたら、たかはし遊船さんもやってきてアンカーどん。

3062_001

ウグイス色と白のツートンがたかはし遊船さん。来期は乗ってみたい

釣り船3つにプレジャーボート1。この絵を見て止まらない釣り人はいない。何と! 通りがかりのフネが次々と集まり始め、釣れるのか釣れないのかワカラン場所に10艇くらいの船団が出来ちゃいました。今シーズン最後のカレイだけに、皆さんバクチ気分なのかもしれません。私もそうですけど。

3063_001

てんでだめ

当然の如くオデコ。6タコ。遠藤さんも4タコ。もうカレイはイイ! 終了! オシマイ! 次回から観音崎沖の中アジ(30cm級らしい。ウマいぞ!)を狙います。観音崎方面まで出張ってオデコだったことは一度もありませんからね。そうそう。今日はリーフで夢の島まで往復。詳細は明日に。

帰宅するとプリウスが修行から戻ってきた。新車時から出ていたリアラゲッジ下からのギシギシ音は消え(納車直後も対応を依頼したのだけれど良いチェック方法を確立してないらしく解らないと言われた)、色ムラのハイブリッドシステムインジケーターは交換。いやいや相当良いコンディションになりました。嬉しい。

新車の時より静かになった感じ。やっぱしディーラーに修理に出したら、このくらいの満足度を得られなくちゃイケマセン。リーフも1000km点検の時に対応してくれるだろうか? 日産は工場のレベルが低くなってるようだから、ディーラーでカバーしてくれないと困りまんがな。


3 Responses to “6タコか?”

  1. ゲイン より:

    カレイって釣れない魚なんですね。私の所じゃカレイは一般的に釣れる魚じゃないですし、釣ったこともありません。夏に白ギス釣りはしますけど、大きなマゴチは外道で釣れますけど、食材レベルのカレイは釣れないですね。
    私も週一は必ず船で釣りに出ますが、食材調達の観点からでしたら、鯛釣りは外道でカサゴや1㎏ぐらいのブリの子が釣れますので、いくらか楽しいです。まあ風上に船尾を向けての船外機での釣りは、魚釣れないと気晴らしにもなりませんけどね。
    アジの30㎝級はこっちでも釣れますけど、瀬が小さくて漁師の邪魔になるので、アンカリングでの釣りは、昔ちょっとやって止めました。私は効率の悪い流し釣りです。どうしても効率の良い釣り場には、漁師がいますので船持ってても釣り場は独占出来ないです。

  2. のぶそん より:

    「規制仕分け」で急速充電器について取り上げられていたようですね。
    http://www.shiwake.go.jp/shiwake/detail/2011-03-07.html
    こんなことは、国会の予算委員会でやればいいと思いますが。
    いったい誰がこの仕分け物件を選んでいるのでしょうか?
    官僚がひとまず成果が出やすい(利害調整をし易い)物件を選んで政治家(行政刷新大臣)へ進言し恩を売っているようにしか見えません。
    もしかして国沢様が政治家に働きかけたとか。すばらしい。
    いずれにしても、これで一歩前進には、なったかと思いますので今後に期待です。

  3. kana より:

    1回目の車検を含む整備料金無料
    って0
    諸費用も?
    ホント?
    無知だったらすみません

このページの先頭へ