なんか悔しい! 満充填した新型MIRAIで1003km走ったことがニュースになってる

なんか悔しい。モリゾウさんが自分のフェイスブックにフランス・トヨタは新型MIRAIで満充填走行距離のチャレンジを行い1003kmを走ったことを挙げていたという。う~ん! こらもう日本で最初にやるべきかと。私がチャレンジしとけばよかった--といっても、この手のトライはトヨタがやらないと話題にならんですワな。以下リリースです。

トヨタは5月26日、フランスでMIRAIが1度の水素満充填でどこまで走れるかにチャレンジしました。4人乗車でパリ近郊の水素ステーションを出発。約22時間で市街地や高速道路など、なんと1,003kmを走破! 道路環境で航続距離は変わりますが、1,000kmというと東京~大阪往復の距離に相当します。東京~大阪といえば、2007年、クルーガーをベース車両とした燃料電池自動車「トヨタFCHV」が、大阪⇒東京を途中で水素を補充せずに走る長距離走行試験にチャレンジしたことがありました。14年を経て、燃料電池自動車は当時の倍程度の距離を走れるようになってきました」。

もちろん新型MIRAIであっても満充填で1003kmは素晴らしいデータだと思う。私のMIRAI、丁寧に走って水素1kgあたり120kmくらい。新型MIRAIの水素タンクは5,6kg。全て使い切りことなど難しいため5,4kg分としたら185km/kgくらい走らないとダメ。私のMIRAIで185km/kgという数値は見たことない。まぁホンキでエコランしたことないですけど。

まず短い距離でいいから185km/kgというデータが出るかどうかチェックする必要あります。今週末にでもトライしてみたうと思う。出そうならフランスの記録を超えるチャレンジしちゃうか? お膝元の日本で記録出せないの、文頭に書いた通り悔しいですから。ちなみに所用22時間というので平均速度は45km/h。おそらく60km/kくらいで走っていたと思う。

確かに60km/hを超えると空気抵抗が急激に増えていく。かといって50km/h以下に落とせば交通のジャマになってしまう。55~60km/hは美味しい速度帯ということです。私はこの速度域で連続して走っていないため185km/kgを出せていないのかもしれません。日本でトライするとすれば制限速度低い首都高あたりか? 185km/kgを出せたらホンキで考えてみたい。

ここにきてMIRAIの存在感が薄くなっており残念です。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ