オリンピック、普通の日本が驚くほど高く評価されてます

昔から我が国は民間1流。政治3流と言われてきたけれど、現在進行形で強く感じている。新型コロナ禍で海外からの観戦客は激減したものの、興味深いことに日本の評価が急激に高まっているのだった。海外の同業者の皆さんからの情報によれば「最初は厳しかった日本の情報、ここにきて凄くポジティブに報道され始めた。少なくとも日本の良いアピールになってる」というもの。

理由を聞いてみて「なるほど!」。オリンピックに出場するくらいの一流選手はファンもたくさんいる。そして皆さんSNSをやっており、選手のフォロワーを合計すると膨大な人数になります。選手1人ずつがメディアと言っても良いレベル。もっと言えば日本観光に来れるようなお金のある国向けだけじゃなく、世界中の人に日本の紹介をしてくれているのだった。

選手達の満足度、驚くほど高いという。そう聞いて「でも自由に行動できないようになっているんですよ」と言ったら、もはや選手村の食事レベルが圧倒的なんだとか。どんなものを並べているか不明ながら、聞けば1580円で食べ放題のファミレスの食材数を3倍くらいにした感じらしい。なるほど想像出来る。選手の大半が「日本の食事は素晴らしく美味しい!」とSNSで発信してます。

ファンの反応は「食べてみたい!」。海外からやってくるメディアもそんなレポートしているようだ。中でも絶賛されているのがパン。柔らかくてバリエーションあって信じられないほど美味しいという。昔、私のコドラをやってくれたオーストラリア人のギグニーさんもパンに感激していた。日本の食べ物のレベルの高さのアピール出来るという点では大成功です。

海外からオリンピックにやってくる選手の多くは、直接選手村に入らず事前に日本各地で調整を行う。ここでの対応が素晴らしいと選手の皆さんSNSで書いている。考えてみたら日本人の外国人に対するホスピタリティは極めて高い。特にオリンピック選手となればなおさら。1ヶ月以上前から太田市に入り厳しい行動制限を受けていたオーストラリアのソフトボールチームすら感謝している。

はたまた結果的に有観客になっている自転車競技、たくさんの人が集まっており盛り上がってます。選手も無観客だと思っていたら、たくさんの声援を受け楽しかったそうな。選手団が移動するバスに対して手を振る人が多いなど、選手からすればしっかり歓迎されていると感じている模様。むしろ日本人の感情を理解しており「開催させてもらって感謝している」と皆さんSNSで発信している。

もう1つの「いいね!」が我が国を背負って立つ若手の存在。有名選手は良い結果を残せていないものの、あまりメジャーじゃなかった選手が大活躍している。なかでもスケートボードやサーフィン、国の予算なんか全く使われていない。むしろ日本だとやりにくい。台風で大荒れの海に入っていたら「人に迷惑を掛けるオタンコ扱い」だし、スケートボードだって公園の嫌われモノだ。

私とって唯一のオリンピック観戦。男女470級です

とっとと日本に見切りを付けて海外に行くことを選んでいる。そういった人達が海外で活躍しているのを見て日本でも芽が出てきてます。柔道や体操は企業がしっかりバックアップしており、これまた国と関係無し。そもそも選手強化に対する国の予算は東京オリンピックを控え倍増されて450億円規模。しかもあまり選手に届かず管理費に回される。アベノマスクの当初予算466億円だ。

東京オリンピック、森というコネ政治/社会の元凶みたいなのが元締めをやっていたため組織的には壊滅に近い。昨日発覚した大量の弁当廃棄事案も「知り合いの業者だから発注数を減らすと損をさせる」ということで数を減らさなかったようだ。全てに於いて一部の企業が莫大な利益を上げている。本来ならそこを追求しなければならないメディアながら、大手は抱き込まれている。

最高なのがTV。オリンピック始まるまで批判を繰り返してきたのに、日本人選手の大健闘を見て大はしゃぎ。まるで100年前から応援してきたような報道ぶりである。こんな時こそ通常の番組をやってくれたら視聴率上がるだろうに。どのチャンネル見ても内容全く同じ。どうやら我が国はメディアの質も限りなく政治家に近いと考えるべきなのかもしれません。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ