カローラクロス、ハイブリッドの売れ筋モデルで275万円。顔が少しコイ(魚)っぽいです

9月14日に発売となるカローラクロスの先行受注が始まった。当然ながら価格も表示しないと契約出来ないため、お客さんに見積書も出している。「やっぱりね!」だったのは価格。思っていたより10万円くらい安い。しかもディスプレイ標準装備のため、スマホ持っていればトヨタ以外のライバル車より(マツダもディスプレイ標準装備)10万円くらい安い支払金額で済む。

写真は全て海外モデル

ということで読者の方が買ったのはハイブリッドの『S』で、275万円でした。ちなみに最上級グレードの『Z』は299万円。ベースグレードの『G』で259万円。140馬力+CVTの1800ccモデルもあり、そちらは同じグレードで35万円安い。トヨタ車の多くに言えるコトながら、ハイブリッドだと税金などで10万円くらい安くなり、5~6万km走れば節約出来るガソリン代で25万円浮く。

横と後ろはステキ!

まぁハイブリッド買っておきましょうや、という話ですワな。ハイブリッドのみモーターで後輪を駆動するe4WDも20万9千円高でラインナップする。ディスプレイオーディオのオプションはアクアより小さい9インチで2万8600円。後方関係の自動ブレーキも7万1500円のオプションなので毎日乗るような使い方をするならぜひとも欲しい装備だと思う。

グリルの左右下が垂れて見えるから「う~ん!」

絶対的な価格は同じCセグに属すプリウスと同等(パワーユニットも共通)。競合車になりそうなモデルをピックアップすると、ホンダの人気車ヴェゼルとCX-30、マイナーチェンジしたフォレスターといったあたりになると思う。ヤリスクロスだと小さいし、RAV4やハリアーになったら大きいという人も少なからずいるようなので、なかなかの人気車になりそうな予感。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ