ガソリン高騰! さりとて電気自動車を買うのも「う~ん!」。燃料電池車は印象薄い

そういえば燃料電池の走行コストについてあまり話題にならない。本日75.3km走り、燃費129km/kg。水素は1kgあたり1210円だから1kmあたり9.78円になります。レギュラー仕様だとすれば17.9km/Lと同等の燃料コストなのだった。MIRAIと同じ全長4975mm×全幅1885mmサイズのセダン(Eクラスや5シリーズですね)をイメージすると、純ガソリン車なら10km/L。

水素ステーションのことさえ考えなければ燃料コスト低くて済む。私が買ったGのAパッケージだと735万円。東京都なら補助金が227万円出るから実質的に508万円。車格的にワンランク下になるクラウンの上級グレードより安い。それでも売れないというのは、水素ステーションの数もさることながらデザインが厳しかったということかと。乗ると素晴らしいクルマなのに。

横浜に用事があったので日産に寄りお客のフリしてARIYAを見てきた。説明担当のお嬢さんがおり、相当突っ込んだ質問をしても答えてくれる。そこらの評論家よりずっと詳しい(笑)。例えば空調のボタン。キーをONにしないとうっすらマークあるのみ。どうなっているか聞いたら「ではキーを持ってきます」と取りに行き、起動させてくれた。それが下の写真。

物理スイッチかと聞いたら「静電センサーです」。タッチすると「ぶるっ!」という感覚あって反応する。新しいです。液晶パネルも2枚あってアイオニック5に負けておらず。インテリアの質感は、カンペキbZ4Xより上質ですね! 昨日最初の1台が納車されたというが、今後ドンドン街中に出回り出すかとなれば、微妙のようだ。そもそもディーラーの試乗車すらない。

メディア向けの試乗会も4月になってしまう感じ。また、最初はFFの小容量バッテリー車しか出てこないという。ARIYAの本命は大容量バッテリー搭載するAWDだと思う。ここにきて気になるのが電気自動車の記事を出した時の反応。皆さんあまり興味無いように感じます。確かに購入対象にならないだろうし、クルマとしてのワクワク感や魅力も薄味。まずは軽自動車か?

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ