ディーゼルのススメ

燃料電池車やPHV、電気自動車など複数のパワーユニットを搭載するクルマを持っているが、最も指名する機会多いのはディーゼルだったりする。ディーゼルの面白さは、燃費良くてトルクフルなこと。私のXC60D4、Dセグのボディサイズを持ちながら、都内中心で使って12~13km/L。東京を出ると14~16km/Lくらい走ってくれる。今でもリッター140円台の軽油だし。

弱点は1つだけ。チョイ乗りを繰り返すとエンジン内部にススが溜まって調子悪くなること。始動直後の排気ガスに含まれる水(暖まると瞬時に蒸発します)がEGRなどで吸気系に戻り、湿気のある耳垢の如くポートに付着しちゃう。特に触媒タイプのディーゼルは汚れやすい。20分以上走ってやれば問題無し。私のXC60D4、好調を絵に描いたようなコンディションです。

先日、これから買うのならハイブリッドと書いたけれど、当然の如くハイブリッドの延長にあるPHVと、ドライバビリティ良くて燃料コストもハイブリッドと同等で済むディーゼルも含む。国産DセグならCX-5のディーゼルでしょう。同じエンジンを搭載するマツダ6のマニュアルなんかクルマ好きにとって最高の相棒になってくれるに違いない。マツダ6、買うなら絶版前に!

もちろん中古車だっていい。ディーゼルは耐久性あるため、コンディション良ければ10万kmくらいなら全く問題無し! ただ内装&外装のヤレの無いクルマを探すこと。輸入車もおすすめです。ちなみにアイドルストップ付きのディーゼルはバッテリー寿命が短い傾向。買ったらアイドルストップを使わないように。私のXC60D4、4年経つがバッテリーはビンビンです!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ