トヨタ、3月1日は国内全工場の生産を休止。協賛企業がアノニマスのサイバー攻撃を受ける?

トヨタは3月1日に国内全ての工場で生産ラインを止めるという。小島プレスという協力企業がサイバー攻撃を受けたらしい。実際、小島プレスの公式Webサイトは28日からアクセス出来ない状態が続いている。ちなみに小島プレスは自動車部品メーカーながら『マルチディスプレイホルダー』という1DINサイズのスマホ車載ホルダーも作っており私のラリー車で使ってます。

なぜ小島プレスなのかといえば、ロシアのウクライナ侵攻と関係ありそうだ。狙いは小島プレスだけでなく、ロシアに工場を持つ全ての企業。アノニマスというハッカー集団がウクライナ侵攻に腹を立て、総力を挙げロシアにサイバー攻撃を仕掛けている。対象はロシア政府に限らず、ロシアとビジネスをしている世界中の企業。小島プレスもリストにあったと思う。

トヨタはサンクトペテルブルグに年産12万台と小さくない規模の工場を持っており、当然ながらアノニマスの攻撃目標。たまたま小島プレスのファイアウォールが破られたのだろう。おそらくトヨタだけでなくロシアに工場を持つ日産や三菱自動車、マツダにそれに関連する企業は全て現在進行形でサイバーアタックを受けていると考えていいんじゃなかろうか。

やがて小島プレス以外のファイアウォールも破られるかもしれません。ということを想定し、1日に対策しましょうということだと思う。ちなみに日本の自動車企業のロシア工場だけれど、当面休止せざるを得まい。部品の調達が出来ないからだ。いつまで? 戦争が終わるまでです。プーチンが失脚すればロシアに責任はない。案外早く再開出来る。長引けば厳しい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ