ホンダ、次世代安全技術を発表。はたしていかに?

ホンダの次世代安全技術発表会に参加した。CT誌の取材だったため一番興味深い技術達は12月26日号に。ということで、とりあえず私が「いいね!」と思った内容など。下は車載カメラ+AIで横断歩道付近にいる人の動きを予測するというもの。渡ろうとしていれば横断歩道部分が光ります。その時点でコーション出してくれたら歩行者横断妨害をしなくて済む。

逆に「渡ろうとしていない歩行者」にも関わらず警察に捕まったら、このデータログを見せれば無罪放免! ドライバーと歩行者双方とってありがたい。1日でも早い実用化を希望す! 下は遠からず導入される「斜めオフセット衝突」対応のエアバッグ。アメリカって死亡事故の多いパターンから衝突基準を作って対応していく。次はこの事故形態なんだろう。

未対応の車種だと、エアバッグから頭がズレる。上の写真だと左ハンドルなら頭は左Aピラーに当たってしまう。下の形状のエアバッグであれば、中央に当たった後、ズレないで済む。助手席用は左右に「土手」を付け足しており、これまたエアバッグから頭がズレないような工夫をしている。我が国のNCAPはこういった新しい事故パターンをなかなか取り入れない。残念だ。

バイク用のエアバッグも開発中という。走行中の自動車の側面キャビン部分にぶつかっても50km/hくらいまでなら決定的なダメージを受けないで済むらしい。5万円くらいまでのオプションなら選ぶ人は居ると思う。エアバッグ付きのジャケット、4万円くらいしますから。エアバッグ付きのバイクなら任意保険の割引などしてくれたら、高い分もモトが取れるだろう。

今回皆さん「いいね!」していたのが自立型バイク。見事なバランスだ! このバイク、マーチングバンドやパレードの先導車などで使ったら素晴らしい技術アピールになる。地方自治体や学校など、パレードを計画しているならホンダに打診してみたらいかがか? 私に連絡して頂いてもホンダに繋ぎます。動画を貼っておくので御覧下さい。スゴイです!

動画こちらから~

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ