ランクル300でロングドライブするとどうよ?

長い間この仕事をしていると「縁のあるクルマ」と「無いクルマ」って案外出てくる。なぜかランクル300は縁があるみたい。すでに街中からオフロードまで4回も乗っているのだった。車種によっちゃ「試乗会で1回ハンドル握っただけでフルモデルチェンジまで乗らない」みたいなこともあります。今回、少し長い距離を走りユーザーのような使い方をしてみたいと思っている。

ランクル300といえば盗難が心配。広報車にハンドルロックと車輪ロックを搭載しているくらいだ。ただ「盗まれやすい」と解っていれば、いくらでも防止方法あります。例えば高速道路。規模の大きいSAなどは「お金になりそうなクルマ」を待っている窃盗団がいる。ランクル300、もう素晴らしい”獲物”でしょう。ということでリレーアタックされる可能性出てくる。

この原稿もスタバの中からクルマ見ながら書いてる

高速道路は規模も小さいPAを使う。見えているところに止めておけばさらに安全。私は30年前からイタズラされやすいクルマに乗っているので(アルミボディのNSXなど傷つけられたら大出費です。フェラーリとかも気軽に駐められない)、あまり気にならない。とにかく「チャンとした駐車場」を使えばいい。加えて港から遠い地域に行くと盗難の可能性が大幅に低くなる。

固定カメラ。コドラがシャッター押した

クルマの方は文句なし! 挨拶がわりに100km/h巡航燃費をチェックしてみたら、12km/L以上走っている! タンク容量80Lだから800km以上走れるということ。高速道路でJBLのオーディオから流れる音楽聴きながら巡航していると、どこまでも行けそう。レーンキープサポートも付いているため、軽くハンドルに触れているだけでいい。ランクルもゴージャスになりました。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ