今、熱が出て新型コロナ疑いになると凄いことになるらしい!

新型コロナ禍になってから熱が出ると病院へ行けない。まず保健所に電話する。するとどうよ! すぐ繋がり、信じられないほど丁寧な対応を受け、PCR検査になるそうな。翌日に結果判明。新型コロナ陽性だったなら、そのまんま入院させてくれる。もちろん無料。さらに1回8万円とも10万円とも言われる抗体カクテルが処方され、熱下がった後、入院で手厚く経過観察。

よほど新型コロナと相性悪い人じゃない限り、抗体カクテルで翌日楽になり重症化もせずに終わることが大半とのこと。これで病院は1日当たりおよそ10万円を国に請求。抗体カクテルを作っている会社に何の審査も無く8万円払われる。これだけ感染者減ったんだからインフルエンザと同じ5類の感染症にすればいいと思うのだけれど、おそらく当面やらない。なぜか?

5類になると治療費は国民負担。8万円の抗体カクテルだと治療費を合わせ3万円くらい負担しなくちゃならない。そんな高いクスリを簡単に使うことなんかできないです。メルクという製薬会社が開発中の「モルヌピラビル」という経口薬も1回分8万円くらいして、効果50%だという。だったら300円で買えるイベルメクチンの効能の方が高いんじゃないかと思うほど。

常識的に考えたら1回分8万円の経口薬なんて高すぎるでしょう。とはいえ国や製薬会社や、たくさん広告を出してもらっているからダンマリを決め込む大手メディアを攻める気などない。世の中そんなモンだと解っていればいいです。新型コロナ禍で「感染学」は天気予報よりレベル低いことがよ~く解った。考えてみたら我が国はそんな学問、あまりニーズ無いです。

日本は世界に誇る医療技術を持っているが、感染学って守るのみ。激減してもビビるだけ。そもそも新型コロナ感染者が急減した理由だって誰も答えを出さない。9月1日から人の動きだって活発になったけれど、感染者は減る一方。調べてみたら感染症の専門家がキッチリした方向性を打ち出さなかったため、普通の医療現場はどう動いていいか大いに混乱したという。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ