年齢的に暑いと熱中症の可能性が出てきたので高性能&携帯出来るスポットクーラーを導入

暑い! 特に梅雨の季節は湿度高いため汗が引かない。エアコンの無い場所に行くと熱中症の危険性出てくるし、何より暑い! そんな時に役立つのが携帯可能なスポットクーラーながら、今まで「これだ!」という性能の製品はなかった。冷房能力を見ると0.35~0.41kWくらいしか無い。家庭用エアコンだと窓に取り付けるタイプですら1.6kWくらいなので物足りないです。

先日のこと。楽天を見ていたら何回かポチッてるイーノウの新型スポットクーラーが”おすすめ品”に出てきた。チェックしてみると冷房能力0.85kWとな! さらに消費電力は0.4kWと同等の210Wとなっている。スポットクーラー、コンプレッサーの効率が悪いため効率の割に電力消費量多かったのだ。イーノウの新型、パナソニックのコンプレッサー使っているそうな。

価格は普段13万9990円ながら、このメーカーの製品はけっこうな頻度でセールをしている。私がポチッときは4万円引き。先ほど確認したら、今も4万円引きをしており、9万9990円。0.4kW級の倍くらいの価格ながら性能も倍。コスパは悪くないと思う。というか、クソ暑くてジメジメした日に乾いた涼しい風出てくると思えばプライスレスです。ということで使ってみた。

上の写真の右側下から空気を吸い、涼しい風が上から出てくる。蛇腹のダクトも付属しているため、好きな場所に冷気を送ることも可能。熱交換して高温になった排気は左側から出る。キャンプなどで本体をテントの中に入れたら、廃熱をダクトで外に出せばいい。逆に外に本体を置く場合、冷気を出すダクトを室内に引っ張り込めばOK。風量や設定温度は調整出来ます。

100V/700Wの携帯電源。1つ持っていると超便利

素晴らしいのは消費電力が少ないため、様々な電源を使えること。上は700Wの携帯電源。約7kgと軽く、シガーライターから充電出来る。この電源で3時間は稼働させられるのだった。私にダマされて2000Wの携帯電源を買った人は、8時間くらい連続使用出来ちゃう。キャンプに行って一晩エアコン付けて過ごせるワケ。少し工夫したら車中泊とかにも使える。

カセットコンロ用ボンベ使う発電機

それ以上稼働させたいときは携帯発電機ですワな。家庭用カセットガスを使う発電機なら、ボンベ1本で1時間程度。ボンベ無くなったら交換するだけのため、時間制限無しで済む。発電機なら御予算に余裕あればスポットクーラー2台を稼働させられる。トヨタのハイブリッド車の多くは100V/1500W電源を持つから、延長コードを積んでおけば便利。

6月27日の9時まで9万9990円。売り切れなら次回セールで

この手のモノは文字や写真だけじゃ解りにくいため動画を作ってみました(冷気や廃熱の温度なども計測)。夏場の自然災害や停電などの時も使えるので(家の中にテント張ってコレ使うと涼しく過ごせますきっと)、緊急時にも快適に楽しく過ごしたい人は1つ持っていても悪くないと思う。私は夏場のバイクいじりやフネのメインテナンスに使います。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ