感度の低い軽自動車ユーザー達がSAKURA/eKクロスEVのコスパに気付くのはいつになるか?

SAKURAとeKクロスEV、軽自動車で毎日100km以上走る人や集合住宅に住んでいる人を除けばめちゃくちゃコスパが高い! 東京都だと139万円。買わなきゃ損状態だ(足立区なんかさらに10万円上乗せ)。島嶼部は中古車を買うより総合出費コストで安いと思う。補助金が国からの55万円だけの地域だってエネルギーコストや自動車税、メンテコストを考えると激安!

しかし! 軽自動車を買っている人達の感度は驚くほど低い。安全性で劣っていても自動ブレーキ性能で劣っていても平気! 追突された時の試験をしていないリアシートに大切なお子さんを座らせる。オフセット追突事故の写真とかみるとリアシートの生存空間残っていたいケースが多々あるます。私なら瞬時も迷うことなく助手席を一番下げチャイルドシートを前向きで装着する。

軽自動車って近所の足として割り切るか、思い残すことがない人生を送った私みたいなジジイが1人で乗るようなクルマだ(だからこそ遠からずハイゼット・デッキバンを相棒にしようと思っている)。といった平均的な軽自動車の使い方をするのなら、SAKURAとeKクロスEVは最高でしょう。でもその魅力に多くの軽自動車ユーザーって気付かない。

こう書くと「プロパイロットやナビを付けると高くなる」みたいなワケのワカラン主張をする輩が出てくる。そりゃそうだ。豪華装備を付ければ当然のごとく高くなりますワな。高速道路の渋滞を走ったり、いろんな場所に行ったりするならプロパイロットも充電場所を教えてくれるナビも必要だと思う。近所の足として使う軽自動車は後付けのTV機能付きナビで十分だ。

とはいえ遠からずSAKURAとeKクロスEVの魅力に気付き、SNSに代表される口コミ効果により作りきれないほど売れるようになることだろう。達人の皆さんがSAKURAとeKクロスEVを考えているのなら、すぐオーダーすることを強く推奨しておく。東京なんか139万円で買ったら、5年後に100万円近くで手放せると思う。ホンダやダイハツ、スズキも開発を急いだ方がいい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ