感染しやすいオミクロン株で工場が動かせなくなると経済活動に強いブレーキが掛かります

東南アジアで調達している部品不足や半導体不足による減産にメドが付いたと思ったら、オミクロン株の感染者増加による生産ラインの休止が顕著になり始めている。大手メディアはトヨタのライン停止ばかり取り上げるけれど、ほぼ全てのメーカー&部品メーカーなどに影響が出ており、減産を避けられない状況になってきた。せっかく景気よくなると思ったのにブレーキです。

厚労省はオミクロン株も従来の新型コロナと同等に扱っているため、感染したら10日間。同居している家族に対し10日間の自主隔離を要請してます。そもそもオミクロンだと同居していれば相当の確率で感染するだろうから、20日間以上出勤できない状況になってしまう。今後、さらに深刻化する。首相は「賃上げを」と要請したが、だったらもう少しキチンと世の中を回して欲しい。

感染がイヤなら外出はしないこと

最大のリスクは子供です。子供を育てたことがある人なら皆さん御存知の通り、花粉ならぬオミクロン株を持っていろんな場所に持って行く蜜蜂のようなもの。公共の場所で見ていると、楽しそうにいろんなトコロを触りまくる。なんなら床をなめている子までいる(笑)。こらもうコントロールできません。それでもデルタ株のように危険なら、家の中から出すべきじゃありません。

でも学校を閉鎖しないのを見ても解る通り、オミクロン株は普通の子供にとっちゃ風邪と同じ。国は感染を防止しようという意思を持っていない。ワクチンを、みたいな話も出ているようだけれど、興味深いことに学者は「感染防止効果なし」と名言している。子供は他の疾病を持っていない限り重症化しない、とこれまた世界中の研究者が言ってます。私が親ならワクチンなどパスです。

いや、成人だって3回目のワクチンを打つ意味あるのか不明。私は海外に出るのに必要なら打っておきますが。いずれにしろ今の厚労省のやり方(首相といえども厚労省をコントロールできない)だと、感染者増加のため工場の稼働に制限を掛けざるを得なくなる。経済活動を維持するならオミクロン株に対する扱いを、抜本的に変えなければならないタイミングになった。

そもそも現在入院している人の中で、本当に入院しなければならない人の割合ってどのくらいいるのか? そのあたりの状況は全く公表されない。もうオミクロン株への対応は、個人個人に任せればいいと思う。感染したくなければ外出しなければいいだけ。飲食業に対する制限だって個人に任せればいい。国が手を取り足を取り懇切丁寧になめる如く国民の行動を指導する必要など無いです。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ