感染症の専門家じゃないけれど誰だって容易に想像出来ることをいくつか

オミクロン株に感染すると基本的にデルタ株より軽いようだ。海外の情報によれば肺炎にならないという。感染しても症状は普通の風邪くらいをイメージすればいい。さて。皆さん風邪の症状出たらどうする? 酷くならない限りおそらくPCR検査など受けないと思う。受けて陽性だったら面倒なことになる。国やメディアが「エライことになるぞ!」と大宣伝してるからだ。

TVで宣伝している市販の風邪薬など飲み数日外出など控え、症状収まったら普通に生活することだろう。この人は新型コロナの感染者数に含まれず、そして人に移す可能性が限りなく高い。ただ移された人も症状軽いならPCR検査受けない。おそらくオミクロン株、データ上は爆発的な感染者数にゃならないだろう。政府やメディアが自粛自粛隔離隔離騒いでも蔓延しちゃう。

もちろん普通の風邪やインフルエンザと同じく重症化する人だっている。イギリスやイスラエルで亡くなった方は既往症あった。重症化した人を検査するとデルタ株に変わって増えたオミクロン株。検査しないからオミクロン株の感染者数は増えないが、蔓延してるから既往症ある方は亡くなる。すると”感染者”という分母少ないため「オミクロン株も危ない!」に。

茶番劇ですよ。どうすればいいか? ワクチンのブースター接種を行った上、大きな負担無しで出来る感染防止策(マスク。手指の消毒など)を取り、症状酷くなった人をしっかり治療したらいいと思う。何万人単位でオミクロン株の感染者が出ている南アフリカやイギリス、アメリカでも死者数は少ない。厚労省はオタンコながら日本の医療現場は有能です。

まぁオミクロン株が普通の風邪程度になってしまうと、お金動かず困る関係者は多い。そのあたりの事情についちゃ「お好きにどうぞ」。ただ経済活動の足を引っ張るような「脅し」や「規制」は止めて欲しい。海外から帰国した後の隔離措置、飲酒すら禁止だという。それ、禁固刑と一緒でしょ! 海外に出て日本に収益をもたらす人が禁固刑ってこと? 入管で人殺しした根っ子と同じ。

海外に出て帰国するときは水のペットボトルの中にジンやアクアビットなど透明のお酒でも入れ、荷物の中に入れておくとよい。持ち物検査されたら本物の禁固刑だ。海外で仕事している人は禁固刑になったような犯罪者じゃありませんからね! 日本の役人、個別に付き合うと聡明な人が多いのに、やっていることを見ると能なし&間抜け。役人のレベル上がったら我が国は100万倍良くなる。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ