新型コロナ、エクモ使って100日入院したら医療費5000万円超え! 負担するの、私らです

驚くことに新型コロナに掛かり重症化してエクモ装着となり100日以上入院すると、医療費は5000万円を超えるそうな。普通、この手の高額医療になると患者のお財布と相談することになるけれど、新型コロナの治療費は全額国が負担することになっており病院お任せ。はたまた人工呼吸器を付けない普通の入院でも1日当たり10万円。抗体カクテルの点滴も10万円くらい掛かるという。

新型コロナでどんだけの医療費が掛かったのか? 逆に考えると、新型コロナでお金は相当動いている。そいつが高級品の消費増に繋がっているのだろう。衆院選を見ていると、さらなる給付金勝負をしてます。大丈夫なのかいな、と思う。こう書くと「日本の国際収支は大幅な黒字。いくら国債を発行しても大丈夫だと経済の専門化達は言う。確かに理論上そうかもしれない。

だったら自動車産業をもっと考えて欲しい。日本の交際収支、自動車産業が50~70%を支えている。素晴らしいことに世界販売台数に於ける日本車のシェアは30%にも達しているのだった。輸出による直接的な収益こそせいぜい500万台分規模で、その3倍を超える1800万台規模は、現地で生産され現地で販売され、そこで得た利益だけを日本に還流させている。出稼ぎのようなものです。

日本の自動車産業が衰退すると、出稼ぎ分を失っていくことになる。そうなったら悪夢だ。次の産業が育っていない。観光による収入や、得意分野のアニメで稼いだって、とうてい自動車産業の代わりにならないだろう。そこを豊田自工会会長は危惧している。政治家も官僚も茹でガエルのようになりつつある。衆院選でどんな人を選んだらいいか、真剣に考えた方がいいと思います。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ