新型シビック、すでに試乗車出回る。アリア、フロアマットは竜安寺? KOKONインストかっ!

今日、からだげんきの野村君が「シビックの発表って9月なのにもうシビックの試乗車がたくさんありますね!」。聞けばオーラなども発表前にディーラーで試乗出来たそうな。考えてみたら型式認定を受けたらナンバーだって取得可能。クルマさえあれば試乗車として提供出来る。まぁアメリカなどは昔から発売日っていう概念無し。クルマがディーラーに届いた日に発売です!

日本も新型コロナや半導体不足の納期遅れなど重なり、新しい流れになってきたんだと思う。興味深いことに、これまたアメリカのような「ショートタイムリード」と呼ばれる先行試乗会や受注会なども行われているようだ。熱心なのがアリア。先行受注会などに市販モデルを展示し、実車でクルマの説明などを始めている。どうやら日産、ボルボのようなプレミアムブランドを目指すらしい。

すでに試乗する機会も作っているらしく、ハンドル握った人によれば「静粛性は若干のことも音を除けばテスラモデルSよりも明らかに上。低重心のため屈曲路を走った時の揺れ戻しがセダン並み。内装は普通に良い。ただ乗り心地がイマイチで、試乗車が218馬力のFFということもあり、加速感もパワーもインパクトは無かったそうな。394馬力の4WDが楽しみ」とのこと。

フロアマットは枯山水。KOKONインストを思い出しました~

先行受注は上級グレードのみながら、FFのベースグレードは500万円くらいになるという。同時にアメリカと同じくリーフの大幅値下げを行い、アリアとのバランスを取るつもりだと思う。最大のライバルはRAV4 PHV。80km近くなら電気自動車として使えるし、絶対的案性能も高い。インテリアの「新世代感」がアリアのアピールポイントになっているようだけれど楽しみです。

そうそう。野村君によれば、新型コロナで運動不足になっている人が多いそうで、皆さんガチガチらしい。「同じ人数だと確実に疲れます」(笑)。また、緊急医療で頑張っている知り合いの医師によれば「新型コロナ以外の緊急医療体制が厳しくなっています。病気は仕方ありませんけれど大きなケガしないようにしてくださいね」。しばらくバイクは乗らないようにします。

アフガニスタンの救援作戦、活動ベースは何と隣国パキスタンのイスラマバードだという! よく交渉したもんだ! 素晴らしい! 場所としちゃ理想的ですから。直線距離で370km。足の短いC-130Hでもカブール空港で給油しないで往復可能。カブール、給油は出来ないと思った方がいい。飛んでいった2機のC-130H、希少な軽防弾仕様らしい。イスラマバードなら政府専用機も運用可能。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ