新型ステップワゴンの価格判明。装備を比べたら新型ノアより200円安かった。苦労しましたね~

新型ステップワゴンの価格がディーラーに降りてきた。今や瞬時にバレます。ということで1500ccターボは299万8600円。2000ccハイブリッドが338万2500円でした。興味深いことにグレードはシンプル。普通のステップワゴンが『ベース』のみ。そして『スパーダ』と『スパーダ・プレミアムライン』ということで3つ! 普通エンジン車であれば4WDを選べる。

ホンダには初代のような「ダントツ感」が必要だと思う

どうやら先行発表された新型ノアの価格をキッチリ分析したようだ。ガソリンもハイブリッドもノアの『G』(同じような装備内容のグレード)を見ると、297万円/332万円。ただノアの場合、電動スライドドアが助手席側だけ。オプションで右側を付けると6万2700円高くなるため、ハイブリッド車であれば338万2700円。ホンダ陣営としちゃ「200円安い」なんだろう。

このクラスのミニバンは、アレコレ欲しくなってしまう傾向。ノアを買う人の多数派は367万円の最上級グレードを選び『チームメイト』と呼ばれるレベル3に近い運転支援機能+自動駐車システムやブラインドスポットセンサー、10.5インチ12スピーカーのフルAVを選ぶだろうから412万円ほど。ステップワゴンの最上級グレードはオーディオ無しで384万6700円。

新型ノアについてはコチラから

これにディーラーオプションのナビ付ければ400万円は軽く超える。これまた同じくらいの価格になるものの、新型ノアのチームメイトは。MIRAIだと56万円する運転手監視カメラまで付く先進技術を搭載している。電子制御技術を価格に換算すると、新型ノア優勢か? ハイブリッドのドライバビリティも従来のホンダと同等なら、モーターパワーを積極的に使うトヨタより厳しい。

両車試乗してみないと的確な評価は出来ないけれど、新型ノアの方が華やかな感じがすることは間違いなし。5年くらいで生活パターンが変わって乗り換えるような時のリセールバリューまで考えたら、ノアの方が割安なイメージだと私は考えます。こう書くと「クルマは好きな方を選べばいい」と言う人が必ず出てくる。そういう「自分で決められる人」は記事を読まなければいい。

デザインについての好き嫌いも同じ。自分で決められる人はヒョウロンカの評価に反応しないでよい。「強い人」に向かって記事を書いているワケじゃありませんから。でも人気のデザインは間違いなく新型ノア/ヴォクシーだろうし、5年後のリセールバリューは下を見て50万円。下手すれば80万円くらい違うと思う。そのあたりを考えると5年後の「よかった」になります。

繰り返すが新型ステップワゴンに魅力を感じるなら黙って買えばいいと思う。ホンダというメーカー、トヨタを見ながらクルマ作りをしたら勝てないだろう。全く新しい切り口が欲しかったです。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ