新型ホンダHR-V、私は全く無理! エンブレム無ければヒョンデみたいなデザインです

国によってデザインの好みは違う。興味深いことにコンパクトカーと高級車の嗜好性って世界共通だったりする。メルセデスやBMW、フェラーリ、ポルシェは同じデザインのクルマを世界中で販売しており人気。コンパクトカーも普遍性のあるデザインだ。大きく違うのが中間クラス。なかでもアメリカはエキセントリックだと思う。ホンダでいえばシビックとアコードのクラスですね。

新型HR-Vの写真が公開されたけれど、気持ち悪いとしか思えない。もちろん優秀なデザイナーによるものだから、これを「美しい」と感じる人もいるのだろう。一時期ヒョンデがこういった方向性のデザインを好んで採用していたことを思い出す。ヘッドライトからフロントグリルの模様を含め、全て無理です。ドクターペッパーやルートビアが好きな人もいますからね~。

興味深いことにトヨタはあまりアメリカに特化したデザインを採用しない。マツダやスバルも、です。日産の場合、アメリカ専用デザインを採用するけれど、日本でも売ればいいのに、と思うくらいカコ良い。ここにきて日本人だと受け入れられないデザインを連発しているの、日本勢としちゃホンダくらいだ。新型HR-Vを見てその流れが一段と強くなる方向らしい。う~ん。

ホンダの規模だと日本専用モデルを作るのが難しくなりつつある。もはやステップワゴンだけになりそう。それすら新型の台数次第じゃ絶版になると思う。海外市場で日本人的にアウツのデザインを出せば、そいつを日本で売ることもできまい。できれば日本人にも受け入れられるデザインのクルマを世界市場向けに出して欲しいです。カッコ良ければ日本でも販売できますから。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ