普通のドライバーなら捕まっていた、と思う。自動車ヒョウロンカは安全運転ですよ~

いやいや危なかった! いや、いつも通りだから危なくないか。下の交差点/横断歩道に差し掛かったと思って欲しい。写真で右の歩道から4mくらいのところに立ち止まっている人がいた。この写真を撮ったあたりに差し掛かると、突然歩き出す。それでも写真だと視覚に入っていない距離。道交法の基準で考えた場合、止まろうか、行こうか超ビミョウな状況。

されど私は合法運転のお手本! 止まりました。おっさんがソソくさと通過。走り出して右側に曲がると、左側がサイン会場になってました~。普通のドライバーなら99%止まらないと思うタイミング。まぁ捕まっているでしょうね! 東京都内を走る時は、いつも以上に横断歩道を気を付けて頂きたい。ちなみに自転車だったら譲らないです。だって軽車両ですから。

ドラレコ付いている。自転車で捕まったら証拠見せて断固争う。道交法の解釈をみても「横断歩道を渡る自転車に対しては優先権がありません」となる。ただし。自転車から降りて押している人や、幼児、幼児を乗せた自転車。高齢者についちゃ△。明確な規定がない。とはいえ交通弱者だし歩道を走る権利を有する。上記3ケースについちゃ歩行者と同じ判断にしたい。

こんなイチャモン付けられるような違反で点数付くのはアホらしい。最近速度違反や駐車違反など減少しており、警察も反則金の予算を確保しにくくなってきたかもしれません。とにかく横断歩道の近所にいる歩行者は十分ケアすべし。ただ止まるときは後続車や対向車に注意し、歩行者が迂闊な行動(安全確認しないで渡っちゃう人も居ます)しないよう見守ってください。

鳥取県に住んでいるサポーターの方が自分の田んぼで有機栽培したお米を送ってくれました。なんでも食味最高評価だったそうな。食べてみたら美味しい! ご飯だけでお茶碗一杯食べちゃいます。ウチには美味しい梅干もあるから幸せ! サポーターの皆さんからいろんな食べ物を送って貰って幸せです。自信作あったら送ってくれれば紹介します。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ