最新世代の電動キックボード(ナインボットF20A)を買ったら進化の早さに驚いた!

4年前に買った電動キックボード『ナインボットES2』が調子悪くなってきた。しかも車体と車軸の取り付け部剛性イマイチで(動画だとよく解ります)、いつ壊れてもおかしくない状態。当時は欧米でシェア業者などが採用していた人気モデルだったものの、さすがに古くなってきた。そこで電動キックボード評論家になるべく最新世代の『ナインボットF20A』を導入してみた次第。

ナインボットES2は5万9800円でした。最新世代のF20Aと言えば楽天だと6万5780円で6000円のクーポン使えば5万9780円。さらに7833ポイント付くため、5万1947円ということになる。ナインボットといえば電動キックボード界のブランド。比べて見れば誰でも解るくらいしっかりした品質を持つ(その時代で、という意味。後述の通りES2は今や商品力無し)。

製品を比べてみたら、もう圧倒的な進化です! そもそもタイヤが8インチのソリッドから10インチの空気入りになった。試乗してみたら、これだけで走行安定性は飛躍的に向上している! さらにフェンダーをタイヤに押しつける原始的なリアブレーキが、自転車などに使われるワイヤー式のディスク(ストップランプ付き)になった。驚くことに安定して止まれますよ!

絶対的な性能はF20Aの方がやや落ちる。最高速同じ25km/hながら加速20%低い感じ。航続距離も25kmから20kmになった。私の使い方だと全く問題無し。ちなみにF20Aが規制緩和後公道を走れるようになるか不明。私はクソミソ一緒になり、登録して自賠責保険に入ったら走れちゃうと考えてます。さらに詳しい情報は下の動画を見て頂ければ、と思います。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ