東京都、環境自動車の補助金を発表! SAKURA何と139万9100円に! 買うしかないっしょ!

東京都が今年度の補助金を発表した。驚くことに昨年度並みである! 個人だと電気自動車とPHVが45万円。燃料電池車110万円だ。間もなく発売となる日産の軽自動車は先行受注を開始しており233万3100円スタート。装備内容を考えたら中間グレードの『X』になるとしても239万9100円。こいつに国からの補助金55万円と、東京都の45万円を加えたら139万9100円です!

日産SAKURAの記事

ガソリン価格と電気料金の差額を考えたら、トータルコストで100万円以下の軽自動車と同じになる。少なくともガソリンが高い大島など島嶼部や、スタンド少ない山間部の東京都民はみなさんSAKURAか三菱自動車の電気軽自動車を買うべきだ。というか補助金あるときに買わなきゃ損だと思う。この記事を読んだ直後にディーラーとコンタクト取ってオーダーしましょうや!

思わず買いそうになるも使い道無し。残念!

走りやクルマとしての仕上がりが心配という人もいるかもしれない。私はレベル高いと考えている。というのも日産の電気自動車開発チームの実験担当はGT-Rをやっていた永井さん。この人、クセあるけど妥協しないタイプ。永井さんが担当してると聞いただけで「大丈夫ですね!」と思う。試乗レポート出始めるとオーダー入れる人が増えて今年度の補助金は危うい。

ここは国沢光宏にダマされたと思って買ってよし! 困ったことに充電コードすらオプションながら、アレコレとオプション付けていくと高くなる。充電コードは2万円くらいで買える社外品でOK(純正オプションだと5万5千円)。ナビだって後付け上等だ。むしろ電子装備付けると半導体不足で納期遅れが出るかもしれない。とにかく急ぐこと。

同じくアウトランダーPHEVも急ぐべし! 補助金は国が55万円。東京都45万円で100万円。サポーター情報によれば532万円の最上級グレードしかオーダーを受けていないようだけれど、432万円なら超お買い得。しかも来年の納車になったら下を見て20万円の値上がりと補助金の削減が大いにあり得る。すぐオーダーすれば年内納車も可能とのこと。急げ急げ駆け込みだぁ!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ