軽電気自動車『サクラ』は233万3100円スタートとビミョウな価格でした~

サクラの価格がディーラーに届いている。注目のスターティングプライスだけれど『S』というベースグレードで233万3100円だった。昨年まで「国の補助金20万円を含めれば200万円を切る」より20万円くらい値上げし「国の補助金40万円+αを含めて193万」ということになった。加えて普通なら標準装備の200Vの充電器が5万5千円のオプション(!)だったする。

その他、ナビ取り付けパッケージ4万700円は必ず必要になってくる。200V充電器は2万円くらいで買える社外品を使うとして200万円といったイメージ。同等の動力性能持つデイズのターボエンジン車が165万円スタート。日産としちゃサクラとデイズのエネルギーコスト差を35万円と評価して欲しいんだと思う。とりあえず計算として成立しているかもしれません。

東京都に代表される地方自治体の補助金は未だ発表されていないが(5月までに判明か?)、仮に30万円くらい出れば東京在住なら圧倒的にお買い得だと思う。納期は間違いなく5月以降になるため早めにオーダーして吉だと考えます。ちなみに一つ上のグレード『X』は239万9100円と少ししか高くないものの、28万円以上するナビとか付けたくなるだろう。

だったらXに44万5千円のオプションを付けた以上の装備内容になる294万300円の『G』を買った方がいい。その場合、補助金含めて250万円少々と、決してお買い得な価格とは言えなくなってしまう。ということでロジカルに考えたらプリウスと同じくらいの価格設定になっているリーフと同じような「エンジン車の軽自動車との価格関係」だと思う。

クルマに魅力あれば勝負出来るかもしれません。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ