納期遅延続々。例えばワイヤーハーネスの生産が全く間に合わないです

トヨタのみ工場休止のニュースが流れている。大手メディアはほとんど伝えないけれど、トヨタ以外のメーカーも東南アジアで生産される部品不足で新車の納期に大きな遅延が出始めている。人気車なら納期1ヶ月くらいの遅延は普通。車種によっちゃさらなる遅延が出そうなケースも少なくない。先日も紹介した通り、新型車の発売日やディーラーへの配車なども大混乱し始めた。

MIRAIのワイヤーハーネス

なかでも厳しいのがワイヤーハーネス。クルマにとっての血管であり神経系の役割を果たすワイヤーハーネスながら、最後まで残った労働集約型の部品だったりする。一昔前までは「内職」で成り立っていた。しかし内職をする人も減ったため、続々と海外工場に生産を移していたのだった。ワイヤーハーネスの生産を移管しようとすれば時間掛かります。

小池都知事がオバカだと皆さん口を揃えて言う。実際、無能です。渋谷に作ったワクチン接種施設の混乱を見ても、小学生だって解ること。同じく渋谷に酸素ステーション作ったら全く稼働率伸びない。激しい受け入れ制限をしてしまったからだ。でも無能の人を選んだのは東京都民だから、こらもう受け入れなくちゃならない。民主主義の悲しい点です。

それより残念なのは出口戦略が見えないこと。すでに国民の半分に2回ワクチンを打っている。おそらく相応の効果はあると思う。少なくとも2回ワクチン打った人は「緊急事態」より緩い行動制限でよかろう。じゃなければいつまで経済活動を凍結してればいいのよ、ということになる。一方、すでに皆さん通常に近い行動してます。週末のコストコ、混んでますから。

皆さんこのままでいいと考えているんだから仕方ないワな。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ