考えてみたら新型MIRAIの真剣(と書いてマジと読む)エコラン、やったことなかったので試す!

今日も「フランスに負けないもんねMIRAI満タン1003kmチャレンジ」のデータ取り。走行日が超ドピーカンになってエアコン無しじゃ辛抱タマランというドライバー出た時や、激しい渋滞に巻き込まれた時の想定です。まず渋滞。下は東京都内の渋滞(平均速度20km/h程度)を外気温30度の直射日光下でエアコン25度設定のデータ。まぁ最悪の状況での燃費ですね。

私が持てるテクニックをフルに使い青梅街道などを走った数値。MIRAIのWLCTモード燃費は135km/kgだ。あらま! 渋滞路をエアコン掛けて走ってもモード燃費が出ますね! 考えてみたら新しいMIRAIで真剣に燃費計ったことなかった。丁寧に走れば5,3kg分の水素で(MIRAIの水素タンクは5,6kgながら全部は使えない)737km走れることになる。もちろんこれだと1003kmに届かぬ!

続いて首都高の環状線に入り、30分でヘトヘトになるくらいの「真剣と書いてマジと読む」燃費アタックを! パワーインジケーターを見ながら加速し、バッテリーパワーで巡航。下り坂では丁寧に回生。走行車速は環状線の走行車線が30~60km/hという理想的な流れだったりして。エアコンは25度でオン。すると出ました! 228km/kg! これなら5,3kgで1208km走る。

おそらくこいつがMIRAIの物理的な最長不倒だと思う(エアコン切れば5%近く伸びるため1300kmか?)。以前も書いた通り今回の目標であるフランスが出した1003kmを走ろうとするなら189km/kgが必要。もしチャレンジ日の日中にエアコンが必要な気温になったとしても何とかなりそうな雰囲気になってきた。それにして馬鹿なことしてますね! 何の意味もない。

フランスに負けて悔しい、というだけの動機ですから。我ながらオタンコだ。協力してくれる名乗り出て頂いた皆さんも同士(笑)。最後に「普通に悪い条件」も試してみました。スタートは標高6mの夢の島マリーナ。終点は標高53mの自宅。首都高と環状8号線、狭い一般道です。外気温32度のドピーカン。こんな悪条件でも170km/kg。標高同じなら189km/kgはイケそう! 決行です!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ