走行40km。乗り出し価格72万円の超楽しい&ステキな軽自動車に試乗してみました。アカン。欲しい

先日アルトの5速マニュアルが魅力的じゃないか、という記事を書いた。するとサポーターの方から「同じようなクルマを先日買いました。走行40kmで乗り出し価格72万円でした」。試乗してみたいと御願いしたら「いいですよ」となり、早速乗ってみた次第。結論から書くと「こりゃいいね~!」でございます。何より楽しい! ホンキで欲しくなってきましたね! 

クルマはアルトじゃなくキャロル! マツダ車に乗り継いできたということで、ディーラーへ行ったら店頭に並んでいたそうな。興味深いことに「アルトよりキャロルの方が相場的に低いようです」。マツダファンならずともキャロルいいね! といってもカーセンサーで探したらキャロルのマニュアル、全国で11台しか在庫ありません。走行40kmで72万円は”大当たり”です。

ということで早速乗ってみた。車重610kgということなんでしょう。全てが軽い感じ! ミッションのタッチ良く、アクセル踏めば素直に走る。ブレーキだって自然。クルマの原点のような乗り味だったりして。乗り心地も街中の速度域だと快適! このまま乗っていて何の問題も無い。強いて言えば座面が高めで身長183cmの私だとドラポジに無理ありますけど。  

絶対的な動力性能は昨今の交通状況を考えたら「必要にして十分」だと思う。何より驚いたのがエンジンの滑らかさ。振動らしきモノ無くアイドリングから高回転域までストレスありません。高速域になると減衰力足りないかな、といった雰囲気のためネオチューンくらいしておきたい。タイヤもノーマルで納得出来るが、私ならヨコハマG016の145R14ですね。

驚いたことにキャビンスペースはCセグより広いほど。私が運転席を合わせてもリアシートのレッグスペース余裕。ただヘッドレスト無く追突されたら首がヤバいので常時折り畳んでおきたいところ。中古部品でも探し、バックレストだけヘッドレスト付きに交換しておけば使える。インテリアはオーディオのスピーカーだけグレードアップすればよかろう。

アルトのマニュアル、次のモデルチェンジで無くなる可能性大きい。上がりのクルマとして考えたらステキ過ぎる! すぐに乗る予定無くても今のウチに入手しておき、どこかにしまっておくのもいいかな、とまで思う。ちなみに実用燃費は20km/L前後だと思えば間違いないようだ。壊れそうな場所などなく、バッテリーちっさいから安い。ランニグコストも手頃かと。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ