軽井沢のバス事故、すっかりドライバーの運転未熟が原因になってしまった

若い方の命を奪った軽井沢のバス事故、警察も大手メディアもみんな運転手のミスが原因だとしている。私はこの事故、99%車両側にトラブルあったと考えています。そもそも下り坂でブレーキ踏まないことなどあり得ない。2種免許取得して初めてバスに乗ったとしても、その前に大型車の運転だってしている。事故後に出てきた監視カメラの画像見ると、暴走している。

運転手のミスじゃないと書いた当時の記事

下の動画を見て頂きたい。登り坂から下り坂になった直後の43.6kmポスト付近は安全運転だ。それが900m先の44.5kmポストでアンダー出すくらいまで速度出ている。どんなドライバーだってこんなスピードでコーナー曲がろうとしない。ドライバーの意識か無くなっているかとなれば、明確に「違う」といえる。左コーナーでなんとかコントロールしているし、次で右にも曲がってます。

また、ブレーキのフェードも考えられない。下り初めて900m時点で暴走が始まっている。おそらく下り始めてブレーキを掛けたら効かなかったということだと思う。なのにメディアも警察も検察もすべてドライバーの熟練不足としており、なかには「ハンドルだけでカーブを曲がろうとした」というド素人ですらやらないような運転をしたと推測する人まで出てきた。

確かに死人に口なし。亡くなったドライバーの責任にしておけば保険処理もすぐできる。車両の原因を追及するとなれば。終了するまで「悪いやつ」の特定ができないため、保険の支払いだってできない。私は第3者のためそれ以上突っ込む気はないけれど、すでに支払いは終わっただろう。だとしたら本当の事故原因を追及すべきだと強く思う。じゃないと亡くなった方も浮かばれないです。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ