追いつかれたら道を譲りましょう。横断歩道を渡りたいなら合図をしましょう。なぜできない?

ウインドウォッシャーが話題になっている。走行中にウインドウォッシャーを使うことについては何の規制も無し。そもそも適正車間を取っていたら届かないです。停車中に動かして後方にウインドウォッシャー飛ぶのことが解っていて出すヤツは、後ろのクルマやバイクにケンカ売っている。これは故意で、なんらかのメッセージを含む。いずれにしろ車間距離取ればいい。

最近考えるのだけれど、警察ってどうして運転手に聖人君子を求めるんだろう。警察の皆さん脱法行為は全くしてないのか? タクシー乗った時の速度違反、捕まえる? メディア側は警察と同じ立場になるべきじゃないと思う。警察が「あおり運転は厳罰」というのなら、メディアは「あおれないよう追いつかれたら道を譲りましょう」とか「走行車線を走りましょう」というべき。

渡る意思を感じます

横断歩道だって「近所にいるだけで止まれ!」じゃなく「渡りたいときは意思表示を。止まってくれたら挨拶を」くらいのことが言えないのだろうか。世の中、どちらがクルマと歩行者にとって快適な社会になると思うのか? ウインドウォッシャーの件、メディアによって伝え方が違う。そもそもの話、そんなことで騒ぎになる国、世界中探したってありませんがな。

私もこの程度の挨拶をします

警察が原理主義ばかり押しつけてくるのはある意味仕方ない。されど世の中の常識を作り上げるのって民意だと思う。民意を反映するのがメディアだと考えれば、暮らしやすい日々を作り上げる重要な役割です。なのに最近のメディア、原理主義者が多いネット民などに流されすぎ。常識を持っている人の大半はネットに書き込みなんかしてないということを認識すべきだと思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ