週末は蘭越でハイエースのイベント&ラリーのためこの季節サイコーの北海道へ

大洗からフェリーに乗り、離岸したタイミングで電話。知らない番号です。出るとトヨタの人で「ランクルのアラームが鳴っていますけれどクルマはありますか?」。なんと! 広報車のデータが入ってくるらしい。最下層から2つめフロアのためGPSは使えないハズ。おそらく電波などで常時位置確認できるんだと思う。エンジン掛かってないのに動き始めたためアラーム鳴ったんだと思う。

素晴らしい。離岸した直後ですから。様々な盗難防止策を入れているのね! 安心感増す。永田のいびきで睡眠足りないまま苫小牧に到着。下道でイベント&ラリー開催地となる倶知安を目指す。あまり天気よくなかったものの苫小牧から支笏湖、羊蹄山の麓を通って倶知安までの道は最高だ! 交通量少なく紅葉が始まっている。北海道の道だとランクル300も大きく感じない。

考えてみたらコロナ禍だった昨年こそこの時期の北海道に来ていないものの、2019年もフェリー+バイクで訪れた。あの時も楽しかったです。北海道、どこで写真撮ってもサマになる。本来のフェリーは木曜日の夜に出航し、金曜日の午後到着だったが、なんと! 機関トラブルにより木曜日の便は欠航とな! 急遽1日前倒しで北海道に入った。したがってスケジュールは1日余裕できた。

苫小牧を15時に出てのんびり100km走り日暮れ時に倶知安到着。東京を出てここまでの燃費10.5km/L。軽油でこれだけ走ってくれたら多少の燃料高もあまり気にならない。何よりJBLのスピーカーから流れるクイーンのベストヒットを聞きながら北海道の雄大な道をどっしり走っていると、ストレスがなくなっていく。金曜日は終日時間に余裕あるため、このあたりを走ってみたいと思う。

そして土曜日と日曜日は蘭越の『ランラン公園』でハイエースフェス。ランラン公園は現在グラベルながら、まもなく舗装工事を始めるという。町にメリットがあるなら好きに走っていいことになったそうな。こんなありがたいお話はありません。もちろんメディアで蘭越の紹介や子供たちの同乗走行など、お手伝いできることはあると思う。ということでここで同乗走行します。

日曜日はハイエースのラリーも開催される。サービスパークは蘭越町役場。天気良さそうなので、ぜひとも紅葉真っ最中になった羊蹄山やニセコの美しい風景を雪が降る前に見に来てください。おいでになる方は当日でもOKなのでこちらから申し込みをお願いします。新型コロナ対応です。ラリーの方はハイエースにとって初めてのグラベルのため不安しかありませ~ん!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ