2022年度、東京在住なら電気自動車買うと140万円以上の補助金が出そう!

2022年度は電気自動車の補助金が増えると言われていたけれど、日経Webによれば通常の補助金ですら2021年度から倍増し80万円になるという! 2021年度も家庭用電源を取り出せる装置とセットという条件で受けられる経産省の補助金を使えば80万円だったけれど、2022年度は全ての電気自動車に80万円の補助が出ると思っていいだろう。東京都ならさらに60万円上乗せ!

ただし! 現時点で推奨出来る電気自動車が無い! 390万円のプジョーe208など140万円引けば250万円。電気とガソリンのエネルギーコスト差や自動車税や重量税免税ということなど考えたら180万円級のハイブリッド車と同等の予算で乗れる。ただ以前も書いた通り輸入車の場合、保証期間を過ぎた後の保険システムを立ち上げてくれないと怖くて進められない。

2022年央に発売が予定されている日産の電気軽自動車は240万円くらいだと言われているため、補助金140万円満額出たら間違いなく普通の軽自動車を買ってる場合じゃない。ただ国だって軽自動車ワクだという点を勘案するだろう。それでも国と都で100万円になったらお買い得である。間違いなく作るだけ売れるんじゃなかろうか。というか絶対「買い!」です。

アリアとbZ4X/ソルテラも面白い狙い目になるんじゃなかろうか。アリアは539万円スタートの価格を発表済み。140万円の補助金を考えたら399万円だ。さらなる補助金出たり、税制の優遇など考えたら両車共、300万円台になりハイブリッドのSUVと乗り出し価格で同等。ランニングコストまで考えたら電気自動車を選んだ方が安くなります。電池容量多いbZ4Xとソルテラも面白い。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ