22日は電力需給ギリギリ! 東日本大地震直後に近い。国に依存したら人生負け組です

3月22日の電力事情が厳しいことになりそうだ。先日の地震で広野など大きい火力発電所が稼働できない状況の中、この季節としちゃ相当強い寒波がやってくる。しかも厳しいことに東京電力管内の広い地域で冷たい冷たい雨。山間部じゃ雪になると思う。火力発電所が全て稼働していても、太陽光発電のバックアップない寒い雨の日は厳しい。22日のでんき予報です。

参考までに書いておくと、悪天候で寒かった1月6日は東京電力が5421万kWという供給体制を取った。そして5300万kWくらいの需要あったと記憶している。東京電力だけじゃ足りず、北海道や東北電力から融通を受けた。3月22日が1月6日くらい冷え込んで天気悪くなると、供給能力を超える可能性出てくる。もちろん企業には節電要請していると思う。

それでも供給能力4963万kWは心許ない。それ以上の需要あったらどうなる? 大規模停電を防止するため部分停電です。どの地域を停電させるか不明。もちろん自家発電能力を持っている企業などはフルに稼働させることになるだろう。ということで発電機持っているなら、たまには引っ張り出してエンジン掛けるなど準備しておくことをすすめておく。

一回りコンパクト&高機能の新型をテスト中、近々レポートします

携帯電源を持っている人も準備を。以前紹介した2kWhの電源を買った人は出番です。停電したらダメージを受けるPCなど22日は携帯電源から電力を取っておくことをすすめたい。停電の可能性あるのは9時くらいから18時くらいの間。その間だけバイパスとして使ったらいいと思う。停電したら困るような人も、携帯電源を持っていたらそちらを使ったらい。

また、ハイブリッド車や100v電源を取り出せるクルマを持っているなら、使い方を想定しておいたらいい。長い電源コードを持っていない人は、時間許せば午前中にでもホームセンターに行き、30mくらいの電源コードを用意しておくといざというときに心強い。自然災害や停電なくたってアウトドアスポーツの時に使えます。100Vあったらキャンプだって快適ですから。

停電に一喜一憂しているようじゃアカン!。国に頼っているということですから。どうなっても笑っていられるにしておくのが私の人生の矜恃です。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ